忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィギュア奮闘記

こー●ーさま…こー●ーさま…
なぜ6英傑フィギュア第二段は出なかったのですか…?
なぜ7英傑フィギュアは出ないのですか…?
なぜ英傑フィギュアの出来は残念なのですか…?
なぜ名族のグッズは全キャラ居るときぐらいにしかないのですか…?
54位だからですか…?
65位と69位はフィギュア化されているのに…?(最大の謎)



ないのなら  作ればいいじゃない  ほととぎす
続きにフィギュア製作記です。画像がいっぱいです。
あと机の上がきったないのは見なかったことにしてください。








公式がくれないなら私が作るよ!!作ればいいんだろ!?
というわけではじめてのフィギュア製作です。正確に言うとフィギュア改造です。
写真を取るタイミングがまちまちすぎて製作の参考にはなりませんが、私の挫折と楽しさをお伝えしたい…そんな感じでお付き合いいただければと思います。



びっくりするほど不器用な私にイチからフィギュア製作なんて無理です。絶対無理。
まず人体の構造も分かっていません。
でも元にちょっと手を加えるぐらいならなんとかなるかも…?



というわけで素体をかき集めてきました。全部ねんどろいどぷちです。ねんどろいどの頭でっかちもかわいいですが、この手乗りサイズ感と2等身ちょいぐらいのバランスがとても好きです。最近の一番くじなんかはきゅんキャラが主流?みたいですが、足がちまっとなってたりデフォルメ感はねんぷちの方が好みです。無双も一番くじ出そう。(※ただし名族は)

今回本初ちゃんへの人体錬成の代償になっていただくのは前髪がオールバックになってるけい●んのりっちゃん、ブレザーとスーツの形が大体あってるハ●ヒのキョンくん。
アップスタイルの後頭部参考資料(あわよくばいつか5本初ちゃんになるといいな)F●teのライダーさん、いつか曹操様になるといいな、うた●リトキヤです。
プリンスさまだけ異様に高かった…さすが…



はい、ではこれを元にします。
顔はどうしようかな。顔はフィギュアの命、私の震える筆で綺麗に描けるわけは無いので出来ればあまり手を加えなくていい顔がいいな。


と、ここで早くも事件発生です。ねんぷちは互換がそれなりにきくものと思っていたんですが、後頭部と前髪の凹凸がみんなバラバラで顔の入れ替えが出来ない…?あ、あれ?
キョンくんは年代が古いやつだからかも…と慌てて手持ちの月君と入れ替えてみようとしますがこれも駄目。(Lは髪を外せなかった(手に刺さった))
ま、マジかよ…一から顔描くの…?



ややパニックになりながら、近所の中古屋さんで更にフィギュアを追加。下まつげとどや顔がかわいい物●シリーズの阿良々木火憐、ブレザーが細身でキョン君よりもよさそうなAngel●eatの音無…くん…?(これはちょっとすら知らない)

どうやらハルヒやデスノが古いシリーズだったのがいけなかったらしく頭部の入れ替えもバッチリできました。やったね!



というわけで今度こそ、これを元に製作開始です!

あ、あれ…キョン君完全にいらない子…  

…………

古キョンが好きな時代が私にもありました…



気を取り直して。まずは要らない部分をニッパー、デザインナイフでばっさり切り落としていきます。
フィギュアって樹脂製なんですかね?ゴムゴムしてて削りにくいのなんの…多めに切り落としてパテで整形した方がやりやすいのかもしれません。



もみあげや元の髪の溝をパテで埋めます。あとはひたすら金・紙やすりを使って頭を丸くしていきます。
この辺で早くも嫌になってきました。



頭が丸くなったら髪の毛の流れを作ります。ライダーさんを参考に…



下書きにあわせて彫刻刀で彫ります。もうこれでいいような気がしてきました。



更にここにパテを盛って自然な凹凸を目指します。ちょっと頭が横に大きすぎる気がするのでサイドを中心に削って削って…



髪のベースが大体出来たので前髪を作ります。間違いなく折れそうなのでここだけは高密度タイプのパテです。固まるのが遅いのでじっくり形を作れますし、硬化後も数日は弾力があって無茶な作業をしてもちょっとやそっとじゃ折れません!なによりすべすべ!
前髪をつければもう7割方私の目には本初ちゃんに見えるはず…!と意気込んでいたのですが、うーん…?

ところで6袁紹の前髪、立ち絵なんかのスチル(おそらく綺麗ムービーの方のモデル)は完全に外ハネなのですが、実機の方は真ん中辺りから内巻きになってるみたいなのです。なんだかおしゃれで好きなので絵でも(気が向いたら)そう描いてるんですが、今回もそれを再現…しようとして見事に失敗しました。巻いた後の髪の流れは”後ろ”ではなく”真下”のようです…
(ちなみによく見たら裸の王様だけは完全に外ハネでした)


削って毛束の感じを出してみます。 うーん…?
本初ちゃんに全然見えないのは髪が茶色いからだ!ってことで一度サーフェイサーを吹いてみました。サーフェイサーはグレーで前髪のパテが薄いグレーなので髪色は完全に本初ちゃんです。(案の定折れて前髪は分離)
これで………おかしいなまだ見えないぞ…



一抹の不安を抱えながら更に掘ったり盛ったりやすったりで毛束を追加します。
この辺でやっとそれっぽくなってきました。イケる!これならいける!!



体の方の製作工程を写真に撮るのを完全に忘れていました。上半身はネクタイ、シャツを削りベストを作り、ジャケットの襟の形を修正します。更に布の合わせ目の溝を埋めて、位置を直して彫って、ポケットを削って、ポケットをつけ直して、ネクタイを作り直して、シャツの襟をつけて、胸のバッジをつけて、削って彫って埋めて彫って………

この辺でもう一回嫌になってきました。もしも通常衣装を作る気になったら、ぷちじゃなくて普通のねんどろいどベースにしようと固く心に誓いました。


下半身はそのままでもいいかと思ったんですが、近所のお金持ちのズボンはブーツカットみたいな真ん中が細身、裾に向かって少し広がる感じなので膝の辺りを削りました。

ここまでやったら靴にもヒールをつければよかったような…まあ見えないんですけど



ちっちゃすぎてまるで写りませんでしたが、右手の銃と人差し指を削り、ピンバイスで穴を開けました。



ここに針金でそれっぽく作った素敵を持たせてみます。いい感じです。
このあと針金そのままだと塗料が乗らないかな?とパテを盛って見たりサーフェイサーを吹いてみたり色々と試行錯誤してみたんですが、全くそんなことは無く普通に針金にそのまま塗れました。おまけにパテのせいで太くなって穴にはまらず最終的にパテが針金からスポっと抜けて剥がれる始末…そんな…結構苦労したんだよ…

更に素敵第一号は私の部屋の腐海に飲まれて行方不明になってしまいました。踏んだり蹴ったりです。どうせ針金状態に戻っていたので探すのを諦め第二号を作っちゃいます。


あと途中で気づいたんですがこの左手って腰に手を当ててるんじゃなくてポケットに手を入れてるっぽいですよね…ま、まあいいや…誰かの手パーツを外せるかもしれないし…



前髪の根元を足して体の造形は終わり!全体にサーフェイサーを吹いて細かい傷や凹凸の確認、修正に入ります。
まだ頭に違和感が…



シャンプーハットかな?

前髪、上半身をやっつけ、次の難関、自分でイチから作らなくてはならない帽子です。
頭の形に合わせて針金でそれっぽい丸を作って、それにパテを盛り付け、つばの部分にします。

この時はまだ帽子は楕円形ということが私の頭にはなかったのであった…
前髪の出っ張りに合うように凹んだ部分を作って、うまく帽子が落ちないように噛み合わせてみます。



つばの形をああでもないこうでもないと修正したら上の部分を作ります。
盛り方が適当すぎました。なんだこのマッドハッター
これを削ってやすって…


/ゆっくりしていってね!\

形を整えたら蓋をして、紫の帯の部分も作ります。
上の部分をやすりがけしたら、つるっつるのすべっすべになってしばらくおさわりタイムでした。げへへ



これで造形は完成!ハラハラドキドキの塗装に移ります。



今回用意したのはタミヤの水性アクリルカラーです。ラッカー系の塗料の方があんまり剥げたり指紋がついたりせずに向いているらしいのですが、乾きが早く筆塗りでやるのは難しそうなので中間のアクリル塗料にしました。あとラッカー臭いらしいし、これは水洗いできるし。
エアブラシ?知らんな



奥になる方から順に、面相筆で塗っていきます。

金スーツの部分を黄色・金の混色→金単体で重ねたらピッカピカになって爆笑しました。マツ●ンサンバでした。
写真で見るとむしろこれで正解な気がしますが、実物はもっと暗いメタリックイエローって感じで、なんか思ってたのと違ったので塗りなおしちゃいましたが、完成した今見ると、こっちでも良かったかもしれません。



超絶どうでもいい話ですが、このゴールドの塗料を洗った水のキラキラがたまりません。カラスかってぐらいキラキラ大好きです。PS3の初期設定テーマ背景のキラキラならいくらでも眺めていられます。



度重なるはみ出し、筆ムラ、色ムラ、はみ出し修正のはみ出しに辛くも勝利し、四天王最後の一人顔のリペイントに挑みます。
まずはいくらなんでもかわいすぎる気がしたので(私は一向に構いませんが)まつげを落とします。ペイントリムーバーでも薄め液でもビクともしなかったのでやすりで削りました。



髭さえ描いてしまえば全ての違和感が解決する気がする…
シャーペンで下書きをして



灰色で塗ります。うーん…
次に眉毛を落とします。今度はリムーバーで落ちました。結構こすらないと駄目なんですね。



こげ茶で塗ります。左眉はどうせ前髪で隠れるので左右のバランスはあんまり気にしません。
うーん…??


はみ出した所を消して形を整えてみました。
名族の瞳の色は茶色(暗い金茶)派なんですが、自分でペイントするのはちょっと難しそうなのと6以降は黒目っぽいようなのでとりあえず触らないでおきます。気が向いたらそのうち…

駄目だ…全然本初ちゃんに見えない… 素体が女の子でかわいすぎたのがいけなかったのか…



だがしかし



ほら



ほーらこの通り!あんまり顔は見えないのですよ!!そういうことにしてください!
帽子がないとデコが広すぎて変なんですけど、帽子があるから大丈夫です!帽子の線のガタガタ具合の方が気になるから大丈夫です!!(大声)


逆裁5…やりたいな…



塗装も終わったのでよーく晴れた日を待って、トップコートを吹いて仕上げです。
ねんぷち風なのでつや消しのトップコートです。
ここから3日~一週間は待てって…やだ…そんなに待てない…




大人しく4日程放置します… そして……




じゃーん!ついに完成です!素敵は紛失により作業が遅れたので未完成です!
組み立てるとちゃんと近所のお金持ちに見えるじゃないですか!やったー!!

つやっつやテッカテカで本当にこれでいいのかと不安だったズボンも見事につや消しされました。あのつるつるのお尻はいろんな意味で不安でした。
ただ金色部分は光沢仕上げでも良かったかもしれません。なんだか金ピカ感が物足りない。つやありトップコートを吹けばいいのか…?



横から 帽子と前髪なんかは立体的な感じでなかなか気に入ってます。



更に逆  ちゃんと前髪のメッシュも入れましたよ!



英傑フィギュアの曹操様と全然合わない…袁紹2体目を作る前にまず曹操様ですね…






と、いうわけではじめてのフィギュア製作でしたが、自分で楽しむ分にはかなり満足できる仕上がりになったと思います。
スーツなんかはほとんどそのまま使っていて、整形作業がそれほどないこの程度の製作で一ヶ月半ぐらいかかりましたが…
毎日かわいい…かわいい…って眺め回してます。作ってよかった!途中あまりの細かい作業にめげそうになったけど楽しかった!


せっかくだからついったーに食べ物とか買ったものとかイベントごととか、なんらかの写真をあげる際にばしばし画面に入れようと思います。







次の犠牲者はこちらの予定(総司令官と裸の王様)



(12月現在総司令官を作成中です)(進行度5%)
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
キィ
性別:
女性
自己紹介:
名族に完全なお熱。熱の元は袁紹(CM)
袁家、魏至上主義。虎牢関がピーク
無双大戦始めとする三国志関連、ポケモンやモンハンあたりに主に手を出します。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

P R

|・ω・)